微乳専門の風俗店

ある意味、唯一のシチュエーション

妻も子供もいますけど、それでも風俗で遊んでいるのはもはや男としての本能でしかありません。子供が出来たので、自分が家庭内で求められるのは父親としての立ち回りですけど、でもそれは男としてのものではないんです。父親として、夫としては充実した生活を送れているからもしれませんが、男としての充実感はと言うと、残念ながら満たされているとは言えません。そのため、男として満たされるために風俗のお世話になるんですよ(笑)風俗のお世話になるといろいろなメリットがある一方で、さすがに今の立場だとバレるわけにはいきません。だから妻が出張の時ですね。この時だけが唯一風俗で遊べるシチュエーションと言っても良いでしょう。むしろそのシチュエーションを逃してしまったら次にいつ風俗で遊べるのか分かりません(笑)だから妻が出張の時は子供が寝てから風俗で遊ぶのが定番になりました。そこはやっぱり逃せないシチュエーションだなっておもいますし。

スタンダードそのものですしね

もはやデリヘルは風俗の新しいスタイルというか、スタンダードと言っても決して過言ではないんじゃないのかなと思うんですよ。実際に遊んでいても分かるんですけど、風俗っていろんなスタイルがあるじゃないですか。その中でデリヘルがこれだけ増えているのは風営法の兼ね合いがある子とは分かっていますけど、でも決してそれだけではないですよね。支持されているからこそここまで増えているのは間違いないんじゃないのかなと思うんですよ。だからデリヘルはこれからの風俗のスタンダードとして、もっともっと広がっていくんじゃないのかなって思っていますし、自分もデリヘルで遊んでいると思うのがやっぱり楽だなって(笑)女の子のレベルだとかじゃなく、やっぱり楽なんですよ。これは言うまでもないんです。間違いなく楽なんです。だから風俗で遊ぶ際に自分自身、いろんなことを考えますけどデリヘルにって思うのはまずは「楽だから」というのが大きいですね。