微乳専門の風俗店

見かけによらない爆乳が最高だったんです

巨乳と言うよりも爆乳ですかね。下着が悲鳴を上げているかのような彼女のあのスタイルは未だに鮮明に覚えています。むしろあの光景を忘れろと言われても難しいですよね(笑)そう思えるくらい、本当に凄いものでしたよ。それに彼女、胸の大きさと他の分が良い意味で比例していないというか、胸は凄いのに他の部分は別に普通なんですよ。くびれもありましたしね。だからこそ、これは凄いなと。今の時代日常生活で女の人の胸を見ていたらそれだけで大問題じゃないですか。ともすればセクハラ騒動になりかねないですけど、風俗であればどれだけ胸を見ていても何も問題ないですしね。心置きなく彼女の素晴らしい爆乳を見て、そして揉んで。さらには挟まれてで満喫させてもらいました。彼女、ただの爆乳ではなく、その使い方を熟知した爆乳風俗嬢だったので、まるで自分の手足かのように上手くコントロールしてこちらを満足させてくれました。見た目だけではなく、挟まれた際も最高でしたよ。

満足感はそれだけの価値がある

あり得ないという程じゃないのかもしれませんけど、自分の日常生活の中には満足などありません。職場と家の往復。自分の時間なんてスマートフォンを弄っている時くらいのものですよね。そんな日常生活を送っている自分にとって、風俗の時間、風俗での満足感と言うのは格別なものなんですよ。あの時間だけは自分でも特別だなと言うか、むしろあの時間のために日常生活を頑張っている自分がいると言っても決して過言ではありません(笑)やっぱり楽しいのはもちろんですけど、それ以上に自分の中に大きな刺激をもたらしてくれているんですよ。もしも風俗がなかったら、自分なんて本当に何もやることがないというか、職場と家の往復で時間だけが過ぎていくだけ…そんな人生だったんじゃないのかなって思いますけどね(苦笑)それだけに、風俗で遊ぶ時間は本当に貴重なので、ホームページ等を見ているだけでも心が踊るというか、これは是非とも楽しまなければなって。